「お寺で謎解き脱出ゲーム」Toy×ボーズさんのご紹介

 

夏もだんだん近づきクーラーをかける時期になってきました。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。
出版・活動部会に参加させていただきました、実践真宗学研究科一回生の廣田聡美です。
よろしくお願いします。
今回はToy×ボーズさんのご紹介をさせて頂きます。

―Toy×ボーズ(トイカケボーズ)とは?
「遊び」を通して人生の“問い”に向き合う体験を創出することを目的としたチーム。
ゲームを通してお寺を、さらには仏教をより身近に感じてもらい、気軽にお寺に集うきっかけを提案することを目的に始められました。
実際にゲームに参加される方の中には、お寺に入ることが初めての方もいらっしゃるようで、「お寺にはいるきっかけになって嬉しい。」といった声もあるそうです。

―謎解き脱出ゲーム?

オリジナルのストーリーと謎によって作り上げられた本格脱出ゲームです。初めての方にもマニアの方にも大好評で、何度も再演の依頼が来ているようです。またゲームを通して仏教的な気づきにも触れてもらえるように、非常に深く構成を練られています。興味深いです。

DSC00065

 

 

 

 

 

 

―スタッフ募集!
公演の依頼が殺到しており、スタッフを募集されております。メンバーには実践真宗学研究科のOB、OGの方もいらっしゃいます。興味のある方は、ぜひおたずねください。

スタッフのおしごと (リンク)

―次回のイベント紹介
05323c1e-1581-4425-9141-84f9c3414c05

「地獄からの脱出」
2016.6.25(土)14:00~
場所:しんらん交流館
(京都市下京区諏訪町通六条下る上柳町199)

Facebook toy×ボーズ https://www.facebook.com/toyxboze
Mail: toy.boze@gmail.com

今回はミーティングの場にお邪魔させて頂きました。
image1 (3)

忙しいにもかかわらず、あたたかく迎えて下さり、Toy×ボーズの皆さま、ありがとうございました。
また、“ストーリーや謎の面白さはネタバレになるためなかなか伝えることが難しいです。ぜひ一度参加して体験してほしい。”とのことです。ぜひ一度参加されてみてはいかがでしょうか!

 

 

広告

グリーフケア公開講座「悲しみを生き抜く力」

image

こんにちは。
出版・活動部会、一回生の原田真哉です。
実践真宗学研究科に入学をして、約一ヶ月が過ぎました。学ぶことがたくさんあり、これから頑張っていきたいと思います。
さて、話は変わりますが
昨日から始まりました、グリーフケア公開講座「悲しみを生き抜く力」の講座を昨日から受講させて頂いております。
5月10日(火)〜7月19日(火)毎週火曜日(全8回)行われています。

この講座では、悲しみを理解し、悲しみを見つめることを通して生きることの意味、死の意味を共に考えたいという趣旨の元行われています。

昨日も、講座を聞かせて頂き自分自身改めて、生きることの意味、死の意味というものを少しずつではありますが、見つめなおすきっかけになる講座であると感じました。

これからも、たくさんのことを学び、日々精進していこうと思います。