図書部会ブックレビュー vol.1

 


『心にズドン!と響く「運命」の言葉』 ひすいこたろう 王様文庫 ¥590

私たちは、日頃どんな事を目的として本を読んでいるだろう。

①   本から知識をえるため。仏教や真宗を学ぶと、この大切さが身にしみる。

②   流行にのるため。ベストセラーを読んで、話のタネにする事もあるだろう。

③   パラッと読んでテンションをあげるため。心の栄養補給と言える。

他にもたくさんあげる事ができると思うが、今回読んだ本は③にあたる。

簡単に、この本の特徴を挙げてみたい。

まず、何処を開いても著者のメッセージが伝わりやすいようになっている。

さらに、著名人の名言が必ず左のページに載せられていて、そこだけ読んでもイイ。

なので、私は電車の待ち時間にチョコット読むようにしている。

ガッツリ読もうと力まなくても、気軽に読めるのも魅力なのだ。

次に、かわいいイラストがあるのでそれを見て楽しむことも出来るだろう。

この本を読む目的として③を当てはめたのには、私がその効果を実感したから。

凹むときって、誰にだってあるだろう。

でも、ある一言で復活する力を与える能力を本は持っている。

ある日の私は、次の言葉で一時復活できた。

欠点、それはあなたに「欠かせない点」なんです。

「おぉ!」と思わず電車のなかで唸った。少し当時の自分を許せた。

たった一言で元気になれるって不思議な存在だ。

「ちょっと落ち込んでんな」と感じたときにおススメの一冊。

(記事:宮崎史人さん 編集:入江楽)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中