裁判所見学&刑事裁判傍聴

image1

 

5月21日、社会活動部会の京都地方裁判所での見学及び傍聴をしよう、という企画に参加しました。

 

午前中は裁判所内の見学で、実際に裁判が行われる法廷や、裁判員裁判を円滑に行うための公判前手続きや民事調停で使用されるラウンドテーブル方式の部屋を見せてもらうことができました。机の裏にある赤いボタンや、被告人と警察が通る通路のことなど、一般には知られていないことを職員の方が親切に教えてくださいました。

 

裁判長の黒い服を着て、裁判長の椅子に座っての記念撮影は嬉しい体験でした。みなさんテンション上げ上げで、思い思いのポーズをとっていました。決まりがあり、裁判所内の写真はネットに載せられないことがとても悔やまれます。

 

午後からは殺人事件の刑事裁判で、4時間に渡る長い裁判が行われ、雰囲気をモロに味わうことができました。某ドラマや某ゲームのように「待った!」や「異議あり!」というセリフは実際にはなく、現実の裁判とはこういうものなのか、ということをよく知ることができました。

 

一日だけの体験でしたが、裁判所及び裁判のことを学ぶことができ、自分にとって良い体験になりました。これからも社会活動部会の活動に積極的に参加して、見聞を広めていけたらと思います。

 

(記者:戸田)

 

広告