社会活動部会・部長の巽さんにインタビュー

社会活動部会にインタビュー

---これから新しいメンバーで特に何に力を入れようと考えていますか?

 特に、学外との繋がりに力を入れようと考えています。

---学外との繋がりに力を入れるためには何が大切だと思いますか?
 自分一人では出来ないと思っています。その時に一人ではなく、部会のメンバーや院生の皆に力を借りることが大切だと思っています。 まだ実践真宗学研究科自体もできたばかりなので、何かあればいろんな方から助言が欲しいとも思っています。

---各部員に何か求めることはありますか?
 未来のためと思って自主的に動いて欲しいです。部会は一見、団体のためと思われそうですが、これからやっていく一つ一つのことは、実践真宗学研究科を卒業してから個人個人にも役立つことだと考えています。

---これから、どのような活動にしていきたいか
 将来の実践へと繋がる活動にしていきたいです。まだまだ、できたばかりの研究科ということもあり、手探りな状態が続いています。ここから一つ一つを実践という形で繋げていきたいと思っています。

インタビューア:不二見

宗教活動部会・霜尾さんにインタビュー

宗教活動部会にインタビュー 


---今日はよろしくお願いします。
お願いします。
---まず、宗教部会を選ばれた理由はなんでしょうか?  
宗教部会の活動を自分で企画できたらなぁ。と思ったからですね。
---実際に入ってみてどんな感じだったでしょうか?
急に部会長になって戸惑いましたが、みんなやる気があって、特に2回生が企画を出してくれそうなので、去年と違って3回生全員がそろっているので、大人数で宗教に触れていきたいと思っています。

---部長になった理由はありますでしょうか? 
2回生の一人とお互い「俺がやろうか?」って話になったのですが、相手が忙しそうだったので引き受けさせていただきました。
まあ、でも、自分が部会長だけど、実際みんなで、2回生全員で部会を回してるので。

---入ってから今までどんなことをされましたか? 
 本願寺ツアーが一発目ですね。あとは8月にもしようかと思っているのですが、みんな忙しそうですし、これから後期になったら、去年ちょっと途中で終息してしまった、門法会館に法話を聞きに行くっていうのも復活させてみようかなと。   ほかには、比叡山に歩いて登るって言うのもしてみたいですね。また、歩いて登った後ではちょっとしんどいので、それとは別に比叡山の上の見学もしてみたいですね。親鸞聖人が御修行されたところですので。

あと、できれば他宗教、たとえば同志社実践神学部とかと、こう、和気藹々としゃべる企画とか、こう宗派を超えた話し合いを一、二回生でしてみたいですね。

---本日はありがとうございました。  
いえいえ、ありがとうございました。

インタビュアー:清基

出版部会・部長の山本さんにインタビュー

~出版部会部長にインタビュー~

---外部にJISSENを配布し、内部に実践かわら版を配布していますが、どのような内容の出版物ですか?

   
実践かわら版では、メンバーも変わったということもあり、 実践かわら版改め「GPS-news-」と名前を替え、デザインも大幅に変えました。 皆さんの意見を取り入れ、たくさんの活動を内部にもお伝えしていきます。

JISSENでは、大学院実践真宗学研究科はどのような活動などをしているのか等、 実践のことを知っていただくものとなっています。10月から作成していくのでお楽しみに。 どちらも実践の研究生の方にご協力いただいて出来上がるものです。よろしくお願いします。


 ---普段の活動はどのようなことを行われていますか?

  普段の活動は、週1でミーティングを行っています。次はどんな記事を載せるか、誰が何を担当するの、かわら版とJISSENのデザインをどのようなものにするかなどの意見を出し合い、考えています。 常にアンテナを張って記事になるものはないか、皆がどのような活動をしているか、を探っています。

---今後の活動の展開を考えておられますか?   

 楽しめ見やすく求められている情報提供ができるよう皆さんの意見を取り入れながら頑張っていきます。

                                       インタビュアー: 水口