出版部会ミーティング見学

出版部会のミーティングに参加させていただきました。


主に外部向けのJISSENの出版方法についてや、内部向けのかわら版のこれからの方針、 それぞれの誌面のチェックに関して話されました。


実践真宗学科を目に見える形で残すものなので、誌面の表現や仏教用語の使い方にも 気を付けねばならず、慎重にしなければいけないようでした。

カラー印刷をする以上、白黒と比べて塗料も機材も数倍に跳ね上がり、その費用に関しても いろいろ意見交換されてました。これからはじめ、3年4年と出版し実践を代表して表していく以上、 そこまで視野に入れて費用面や内容の方針等も考えねばならず一筋縄ではいかないようでした。

広告