図書管理部会より本の紹介

今回、図書管理部会の丹宮くんによる本の紹介をしてもらいました。

今後も図書管理部会のメンバーによる本紹介を行なっていきますので、ご期待ください。

『親鸞聖人と『教行信証』の世界』 田代俊孝編(法蔵館)2006年

定価:500円+税 ISBN-10:4831821489 ISBN-13:978-4831821485

発売日:2007/03

初に田代俊孝氏が「『教行信証』とはどんな書か。どうして書かれただろうか。 どのように伝えられてきたのか。納得を因とし、疑問を縁として、たずねてみたい。…
第一線の研究者にその要義を簡潔に執筆していただいた。」と述べられ、この本は始まります。 この本は田代俊孝氏、五木寛之氏、寺川俊昭氏、渡邊愛子氏、信楽峻麿氏、浅井成海氏、一楽真氏、 デニス・ヒロタ氏、三木彰円氏、小山正文氏、今井雅晴氏、吉本隆明氏と多くの方々が 『教行信証』についてエッセイや解説をされています。

こまざわ小児科医院院長の駒沢勝氏と田代俊孝氏の対談もあります。
今井雅晴氏は『教行信証』執筆ゆかりの場所を写真つきで解説されています。
五木寛之氏は『教行信証』について「文字では語れないことを、どうしても語らずにはいられない 希有な知性が、ふと揺らぐ瞬間、親鸞という見えにくい人物の表情が一瞬、かいま見える ような気がするのが『教行信証』の魅力だ。」(P11)とおっしゃっています。 何故そうおっしゃったのか…この本を一度手にとって読まれてみては如何でしょうか。

文責:小松